AYANEO戦略発表会を開催いたしました

更新日:5月27日

2022年5月14日にオンラインでプレスカンファレンスを開催しました。

今年、リリースを計画している新製品に「AYANEO AIR」、「AYANEO SLIDE」、「AYANEO 2」の計3製品を発表いたしました。


 

AYANEO AIR


AYANEO AIRは、有機ELディスプレイを搭載し、小型・軽量化した新モデル。重さが420gを切り、Nintendo Switch Liteとほぼ同じ薄さです。

採用するプロセッサーは、まだ明らかにしていませんが、多くのインディーズゲームを解像度1080pで、AAAタイトルを720pで処理できるRyzen 5000シリーズになることを示唆しています。


写真から分かるように、USB-Cポートを2つ搭載しており、キーボードやマウス、ディスプレイなどのアクセサリーを接続するために使用すれば、PCとして使用できるほどパワフルな性能だそうです。

また、ヘッドセット端子やmicroSDカードリーダーも搭載されています。

その他、アナログスティック下のRGBライティングや、X軸リニアモーターなどの搭載が予定されています。有機ELディスプレイは107%のNTSC色域をサポート。独立系のレポートによると、ディスプレイは5.5インチ、1080pにする予定です。


 

AYANEO 2


AYANEO 2 は、AMD Ryzen 7 6800UプロセッサーとRDNA 2グラフィックスを搭載した新モデルを年内に発売する計画を発表しました。

ブーストが可能で馬力のあるRyzen 7 6800Uプロセッサーの採用と、RDNA2アーキテクチャに基づくAMD Radeon680M統合グラフィックスにより、グラフィックスパフォーマンスの大幅な向上を約束しています。

AYANEOによれば、結果として、AAAゲームだけでなく、PCでの通常のワークロードもこなせるポータブルゲーミングPCが完成したとのこと。

新モデルの価格は公表しておらず、画面サイズや解像度、バッテリー容量などの主要スペックの詳細についても決定をお待ちください。ただ、AYANNEO 2は、LPDDR5-6400メモリ、PCIe 4.0ストレージ、指紋リーダー、USB 4.0ポートを搭載する予定です。


 

AYANEO Slide


AMD Ryzen7 6800U プロセッサーに、AMD Radeon 680Mグラフィックスの搭載を予定。画面サイズは6インチ、1080Pディスプレイが上にスライドして、キーボードが表示されます。また、キーボードはRGBバックライトを備えています。

AYANEOによると、スライダーは従来のWindowsハンドヘルド(OQOやSony Vaio UXシリーズなど)や、キーボードやゲームコントローラーを隠すスライダーメカニズムを備えた携帯電話に触発されているのとのことです。



プレスカンファレンスでAYANEO社は、「価格面のラインナップでいうと、『AYANEO AIR』はエントリーモデル、『AYANEO 2』と『AYANEO Slide』はより高性能で高価格帯のフラグシップモデルということになりますね」と言及。


いずれも、AYANEOのCEO アーサー氏によって、デザインにこだわったポータブルゲーミングPCとなります。

用途に合わせてお使いいただけるようになっております。



現行製品においても、現在出ているAAAゲームは快適に動かせる実力があります。

この機会に、ぜひAYANEOを手に取ってみてはいかがでしょうか?


またAYANEO日本公式サイトでは、AYANEO最新情報をメールマガジンでお届けしています。

ぜひご登録をお願いいたします。


※今回の発表内容は、製品戦略発表会であり、新製品については計画段階での発表になり最終仕様ではございません、予めご了承ください。


閲覧数:8,731回0件のコメント